2008年03月23日

新宿高島屋「SITAARA Grove」でカレー

groove1.jpg
新宿高島屋内のカレー店「SITAARA Grove」を利用。
南青山に本店を構えるインド料理「SITAARA」の支店です。

groove2.jpg

groove3.jpg

ビリヤニセット(ドリンクなし\1600)を注文。
カレーとビリヤニの種類を選べます。

バターチキンカレーとチキンビリヤニの
チキンづくしのオーダーを出してしまいましたが、この辺は愛嬌で。
ビリヤニは炊き込みご飯のことらしい。


で、個人的にこのビリヤニがおいしい。スパイシーで食が進みます。
お米も海外米なのがよいのですよね。
程よくパラパラしていて歯切れが良い。

サイドにはローティー(全粒粉のパン)が添えてあり、
こちらはふっくらというよりプレーンな印象。


なお、禁煙席は店内(別途テラスはある)
いわゆるマダム達がゆっく〜りお食事をしているので、
ハッキリいって3人以上は席の確保が難しいです。

カップルでの利用が向いているのかな。

http://www.sitaara.com/grove/index.html
posted by CSC at 22:40| Comment(66) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

板橋区大山 つけ麺「田中屋」で食事

つけ麺「田中屋」で食事。
東京都板橋区、東武東上線大山駅から歩いて少しの所にあります。

tanakaya1.jpg
近くにはセブンイレブンがあります。

tanakaya2.jpg
つけ麺と屋号でも銘打っている通りしょうゆつけ麺を注文。
大盛りまで麺増量無料で、今回は+50円払って野菜増しに。

魚介系を前面に出したスープが特徴。
というか魚粉がまんべんなくまぶしてあります。

それにゴマをすりつぶしたものをかけて、
香ばしく仕上げてあるのです。
あっさりした中にコクがあって食が進みます。
posted by CSC at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

とんかつ:目黒 とんきへ行く

JR目黒駅の西口から歩いて二分程度のところにある
「とんき」はとんかつの名店として有名。

tonki1.jpg
近くの電柱に「←とんき」と書いたものがあるのと
駅の案内板にも「とんき」と書いてあるので迷うことはないでしょうね。

店に入ると料理人が何人も。各工程ごとにきびきびと動いています。
このお店はオーダーから着席までが非常に独特です。

1.入るなり「ロース」「ヒレ」「串カツ」を選んで
2.席後ろの長椅子に思い思い座っていきます。

オーダー係のおっちゃんが不思議なもので
これをすべて覚えているのです。
律儀に順番どおり並ぼうとするとかえって指導されてしまいます。


tonki2.jpg
頼んだロースかつ定食(1650円)
香の物と味噌汁がついてきます。キャベツとご飯はお代わり自由。

tonki3.jpg
衣がややこんがりしていて、一口サイズに切られているせいもあり、
衣と肉が分離しやすいです。
一体感というよりは、カラっと揚がった衣と
それでもジューシーさが残る肉の組み合わせを感じ取るべきなのでしょう。

んーサクサクしていて美味いです。
それでいて肉自体は比較的あっさりしていて食べた後のもたれ感は一切ありません。
昔ながらの「トンカツ」というイメージを大切にされている印象でした。

価格相応という感じもして、遠方からわざわざ…というのは違うかな。
通りがかりに美味いとんかつが食いたいなーとか、
もしくは独特のオーダーに魅せられたい方はぜひとも。

■「目黒@とんき」その他のblog記事
羊男さんのプログ とんき【とんかつ】(東京・目黒)
のびこのおなか とんかつ とんき / 目黒
フサイっちの怪しいつぶやき 1年ぶりに「とんき」へ






posted by CSC at 22:42| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

荻窪 欧風カレーの名店「トマト」で食事

本日は荻窪の欧風カレーの名店「トマト」で食事。
荻窪駅から歩いて5分ほど。
コープ(生協)の近くに看板があります。

店内は15席との事で午後7時半ごろの来店ながら満席。

1500円を超えるメニューが多いため、
なんとなく敷居が高い印象ですが、
店内は昔ながらの喫茶店のような雰囲気で親しみがもてます。
お値段の割には、比較的若いカップルが多いように思いました。


本日注文したのは
仔牛のミルクカレー(マイルド)1680円
和牛ビーフタンカレー(中辛)2100円
の二品。連れがミルクカレーで自分がタンカレーです。

tomato.jpg
写真ではややわかりづらいですが、手前がタンカレー、奥がミルクカレー。
ご飯にはチーズがまぶしてあります。


食べるとスパイスの芳醇な香り。
36種ものスパイスを加えているということが頷けます。
一口目はある意味複雑な味わいともいえて、
人によっては不思議な印象を受けるかも。

二口目、鼻が慣れるとじっくり煮込んだルーのほろ苦さ、
そして甘みが感じ取れるはず。
スパイスの香り→ほろ苦さ→甘み、の絶妙なコンビネーションです。

タンはじっくり煮込まれ非常にまろやか。
脂部分も含め非常に食べやすい。

なんとなくご飯の量が少なめなのが残念ですよね。
(ライスの追加は¥210)

ミルクカレーの方は比較的食べやすく、
初めてご来店の方はこっちのほうがいいかも。
実においしかったです。値段はちょっと高めですがまた来よう。







posted by CSC at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

鎌倉で丼もののお店「天金」でランチ

kamakura5.jpg
丼ものの美味しいお店「天金」でご飯。
ご飯のおいしさにこだわったお店で、
炊き立てのご飯しか出さないのが店主のポリシー。
(具体的には10分以上たったものは出さない)

お昼時、ことに休日となると行列が出来るお店です。
店内は2階席もあり席数は多いみたいですが、
この日は約15分待ち。


kamakura6.jpg
kamakura7.jpg


鎌倉丼(海老天のたまごとじ)¥1260と、野菜丼¥1050。
新潟産魚沼産コシヒカリ使用とのことで、
具だけでなくご飯までおいしいです。

鎌倉丼の由来は創業当時に鎌倉のみの食材を使っていたから、とのこと。
鎌倉というと蕎麦の名店「千花庵」や「こ寿々」が思いつきますが、
ちょっと趣向を変えた食事もいいもんです。


 


posted by CSC at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中野のラーメンの名店「青葉」へ行く

中野にある「青葉」は魚介系と動物系のダブルスープの
先駆者として功績を残した名店。

メニューは
中華そば    650円
特製中華そば  850円
つけ麺     700円
特製つけ麺   900円
の4種だけという潔さ。

aoba2.jpg
特製中華そば(850円)を注文。

チャーシューとメンマが増量。たまごがつきます。


食べてみると、非常にスープのバランスが良い。
魚介が主張しすぎず、且つこってりしすぎず、
ついついスープをくいくいと飲んでしまうおいしさ。

最近のラーメンは特色としてどちらかの路線を
ガツンと銘打ったものが多いように思えますが、
このラーメンはダブルスープといいながらも比較的上品なのです。

チャーシューは燻製したハムのような味わい。
脂身も少なく、女性でも安心していただけるような気がします。

aoba1.jpg
夜の8時くらいにお店を出たらもう閉店ですって。
(入り口にかかってる木の札が本日終了のお知らせ)
タイミングよかったです。

中華そば「青葉」公式ページ


 



 




posted by CSC at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

栃木県鹿沼市「生そば 冨士川」

栃木県は鹿沼市。
福田屋百貨店の近くにあるお店。
「生そば 富士川」でお昼。

huzikawa2.jpg

明治41年創業という当店。
改装を行って、店内はとてもきれい。
近くには駐車場もあります。


永野(鹿沼)産のそば粉を
店内にある石臼で引いて作ったという
限定20食の「十割そば」(850円)を注文。
huzikawa1.jpg


味のほうは・・・うーん。
そば粉の香りを楽しめると思ったけど、
いまひとつ香り立ちが弱いような気もします。

つゆとの絡みもあまり無く、正直もう一声です。


入店時に出された韃靼そば茶がことのほか美味くて、
これで鼻が鈍っただけかもしれません。

お店にはおばちゃんの団体客が入るなど
地元の方には愛されているお店のように感じました。
今度あったかいそばでも食べに行こう。


お店情報:栃ナビ!「生そば 富士川」
posted by CSC at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

ロッテリアの「絶品チーズバーガー」を食べてみた

ファーストフード店のロッテリア。
いま、首都圏限定48店舗で「絶品チーズバーガー」というのを打ち出しています。

zeppin.jpg
こんな感じののぼりが店頭にどどんと出ているわけです。
見るからに美味そうなんですけど。


こだわりポイントは
他サイトにまかせるとしてとりあえず率直に食って見ますよ。


zeppin1.jpg
意外とこぶりなのが特徴です。


zeppin2.jpg
ん?開けるとさらに見た目がショボくないですか・・・?


で、率直な感想ですが、
360円でこの味は確かに美味いです。
パンがふかふか、肉は味付けシンプル。
肉のあじーって感じがよくわかります。

チーズはナチュラルチーズを使用しているとの事ですが、
この辺りはあんまりよくわからず。
あくまで肉が主役でチーズが引き立て訳です。
(普通はチーズメインで考えたいですよね?)

ファーストフードとしては◎だと思うのです。
ちょっとこだわったハンバーガー屋で出てる感じの味です。

ちなみに冷めるとそれとなく不味そうな雰囲気なので、
なるべく店内で食べましょう。
posted by CSC at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

洋菓子店「バーゼル」でカレー?

「バーゼル」は八王子近辺を中心に
数店舗を展開する洋菓子店。

今日は、そこで何故かカレーを食べてきました。

お店は、ケーキ屋と併設してカフェスペースが。
なかなか広く、テーブル席もカウンター席もありました。

basel.jpg

注文したカレー。
これにドリンクとデザート(この日はバニラアイス)がついて
1050円(税込)なり。

カレーは予想よりビッグサイズで食べ応え十分。
チキンは意図的にほぐしてあるのか糸のようになっておりました。
万能ネギとキムチと温泉卵。卵は味をマイルドにしてくれます。
カフェのカレーというよりは、とってもなじみやすい味なのでした。

パスタなんかも頼めるという話なので、
男性客・女性客問わずに楽しめそうですね。

バーゼル洋菓子店





posted by CSC at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

池袋PARCO内「銀座洋食 三笠會館」へ行く

池袋なのに銀座とはこれいかに。
池袋PARCO7F「銀座洋食 三笠会館」(会は旧字)で食事。

もとは不二家があったところですね。
ちょっとハイソなレストランへと変貌していました。

この日は開店記念限定というコース料理
ビーフシチューコース(\3800)を注文。

オードブル+パンorライス+ビーフシチュー+デザートのコース。
ビーフシチュー単品で\2800なのでお得なのでしょうね。

オードブルはサーモンのカルパッチョ。
大根のドレッシング和えが乗っていて、日本人好みの味。
昔の洋食の名残(?)を表現しているのかな。


で、肝心のビーフシチュー。とってもおいしそうです。

mikasa1.jpg

mikasa2.jpg
アップでも撮ってみました。

赤ワインでじっくり煮込んだというビーフは
スプーンでほろりと崩れるやわらかさ。
肝心のソースはグリルしたようなほろ苦い感じが特徴です。
一緒についてきたパンをつけて食べるとこれが美味いのです。

料理はとってもおいしく気持ち気取りたいときにいい感じです。
店員さんは良い意味で慣れてない感じなので(上品というよりは元気な感じです)、
肩肘張らずに入店してみて大丈夫でしょう。


あ、ビーフシチュー単品で頼む方は
パンとかライスつくか確認してくださいね。
コースで頼んだので未確認です。


銀座洋食 三笠會館(公式ページ)


  




posted by CSC at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。